対面与信の際の服装

消費者金融でお金を借りる際に、簡単な面接を行う場合があります。それはいわゆる就職試験のような面接ではなく、簡単な質問をするという形になりますが、だからといって適当に受けて良いわけではないのです。プロミスや他の消費者金融で行われる場合には、ひとつ気をつけたいのが服装です。

 

服装は就職試験とは違うので、スーツで行く必要はないですが、あまりに常識の観点から逸した服装は、審査に影響してしまう可能性があるのです。何で面接をするか?というと、それは審査の一環ですから、信頼の有無を確かめるためなのです。基本的には収入面や仕事面で判断するのですが、それ以外にもその人自身の言動などから、本当に信用できるか?どうか確かめることがあります。

 

したがって、そのときに客観的に信頼が損なわれてしまうようなことは避けたほうが良いのですが、就職の面接じゃないからといって、あまり考えずに服装を選んで行ってしまうと、場合によってはそれが響いてしまうことがあるので、注意してほしいのです。

 

特に汚いというか、清潔感がないようなものは、印象としてお金に相当困っていそうな印象を与えて、本当に返済できるのか?と思われてしまうかもしれません。常識的に考えて、問題ないと思える格好なら大丈夫ですから、そういったことを考えて消費者金融の店舗に行くようにしましょう。

 

最近では来店不要とする消費者金融が増えたので、小規模な消費者金融でもなければ対面での与信はほとんど行いません。銀行ですらオリックス銀行審査の進め方のように窓口に行かずに手続きが出来るほどなので、現代ではあまり気にしなくて良いのも事実です。